« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

no156 楽しく充実した時間(モナコとも少しの間お別れ)

12月に来て約3ヶ月。時間が経つのは早いもんで、日本に一時帰るときが来た。今回はこ060201_235413 ちらの生活にも慣れ、とても充実した生活になった。特に問題もなく、自分も妻も体調は良い。何よりも快適に過ごせてよかった。特においしい料理を作ってくれた妻には感謝。。仕事についてはこちらである程度の目処をつけてきた。目標としていた時期よりも遅れているが、やむを得ない。協力者や協力会社などある程度可能となる準備が整った。後は日本に戻り、日本で手続きや準備を進めてくる。
この生活も早半年経過。そろそろ次のステップに向かう頃になった。時間はかかり、壁もあるが、前に進んでいることを実感している。

フランス、モナコ生活が本当に楽しくなってきた今、今度は4月に戻る予定。戻るころはもう夏近く。さらに楽しい時期になる。。今から待ち遠しい。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月27日 (月)

no155 イタリアの美しい街

ジェノバから続く海岸線は東リビエラと呼ばれ、このあたりはリグーリア州の中でも一番美060225_191049 060225_194051 しいと言われている。実際見て、まさしくその通りだ。その中でも群を抜いているのは、ポルトフィーノ。日本の旅行誌やリゾート紹介として、コートダジュールとともに、必ず紹介されている。世界的にも有名な街で、周りは木々に囲まれ、車も入れない小さな入り江(海がとても青い)にはパステルカラーの建物と豪華な別荘が美しく調和されている。今までに見たことがない景観がとても美しい。

コートダジュールをはじめ、イタリアの地中海沿い(ポルトフィーノもそうだが)、には本当にきれいな場所がたくさんあるものだ。モナコからはそんなに遠くない。行けるならばすべて見てみたい。。。いやいや住んでみたい??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月26日 (日)

no154 イタリアを満喫(トリノ)

ジェノバを基点にトリノ、ポルトフィーノへ行ってきた。トリノは天気が悪かったが、街はオリ060225_011328 060224_210457 ンピック開催中だけあり、いろいろな人種、言葉が飛び交い、街はオリンピック一色ムードだ。日本は念願のメダルも獲得し、まさに最高なときに足を運んだことになる。オリンピックグッズなどを買い、このお祭りムードを体感した。

トリノは初めてだったが、街は歴史的な
建物が多く、きれいでとても気に入った。何せトリノはサッカーチームのユベントスが本拠地でもある。ユベントスグッズも買うことはトリノに来たらサッカー好きならば当然。。いっぱい買ってしまった。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月23日 (木)

no153 人との出会いは大切

今回も様々な目的でフランスに来ている、住んでいる日本人の方に会って、知り合いになった。語学留学、フランス人と結婚して暮らしている、独立起業家、将来フランスに移住希望を持つなど。どの方も目的や手段は違うがフランスでの生活を楽しみ、夢を持ち、力強くこちらでがんばっている。日本にいるとなかなか日本以外の世界に目を向けることは難しいが、一歩日本を出ると、いろいろな方がそれぞれ活躍していることは、本当にすごいと思う。自分も希望を持ちこちらに来ているので、行動あるのみで、目標に向けてがんばっていこうと強く思う。特にこちらに来て生活して、なおさら強い意志が生まれた。。こんな経験ができることはそうはないのだから。。

来週には日本へ一時帰るので、その前に好きなイタリアへ行ってくる。今回はジェノバやポルトフィーノ、トリノをまわって来る予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月20日 (月)

no152 雨の日曜はテレビに限る

天気が良かったと思ったら、日曜日は雨。最近日曜日が雨の場合が多い。日曜日はお店も何もかも閉まるのが日本と違うこと。ましてや雨だと、まったく楽しめる場所がない。そういう時は家でくつろぐのが一番。テレビは連日、トリノオリンピックが放映されている。日本は残念ながらメダルの獲得はまだだが、フランスは強い。モナコからトリノまで約4時間程度でいける。日本に帰る前にトリノに行ってみるのも良いか。。この週末あたりにでも。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月19日 (日)

NO151 これからが楽しみ

こちらは暖かくなり南仏の春の花(ミモザ)や桜も咲き出した。すっかり季節は春だ。
後10日で日本に帰る。現在、こちらで長期ビザを取るか、取らないか検討している。方法としてはこちらで会社設立をし、商業ビザ取得する方法だ。日本の中小企業や個人向けにビジネスサポートや不動産関係のサポートをする内容で展開しようと協力関係などを構築中。。会社設立準備やビザ申請には数ヶ月かかるので、日本に帰ってから、日本の展開なども合わせ、いろいろ検討してこようと思う。。
すっかりこちらの生活に慣れ、楽しくなってきた今、これからが楽しみ、楽しみ。後は顧客獲得をどうするかだ。。そんな簡単ではないが、焦らず地道にやっていく。。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年2月16日 (木)

no150 南仏のお祭り

この時期、コートダジュールではお祭りやカーニバルが同時期に開催されている。060212_230857
フランスでも有名なカーニバルだ。<ニースのカーニバル>と<マントンレモン祭>、どちらも踊りあり、パレードありとても華やかで楽しい。日本では考えられないが、液状のプラスチックの色付スプレーをみんなでかけあう。服に付くし髪に付くし、これが大変。底抜けに楽しむのがこちらなのか。日本にはない文化?? でも明るい南仏の祭りだから、それはそれで楽しめる。。写真はマントンレモン祭ーレモンとオレンジを使った人形パレードだ。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年2月15日 (水)

no149 イタリアの地中海沿の街

最近、イタリアに行っている。地中海沿いのフランス側をフレンチリビエラ、イタリア側をイタ060214_234130 060214_235815 リアンリビエラと呼ぶ。
フランスの高級リゾート地とは少し雰囲気が異なって、イタリアは庶民的で小さなかわいい街が点々としている。ヴェンチミリア、ボルディゲーラ、サンレモ、インペリア、アラッシオetc.. フランスとはまっとく違う文化や建物、人種など日本人からすると隣どうしなのになぜ、これだけ違うものだと驚いてしまうほど。教会や聖堂の作りを見てもすぐわかる。
フレンチリビエラ(コートダジュール)はどちらかというと、ゴシック建築が多い。一方イタリアンリビエラはバロック建築が多い。これも歴史と文化の違いか。建物を見ているだけでも面白く、興味深い。。イタリアにも興味深々だ。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月12日 (日)

no148 マルセイユ

エクスからマルセイユに行った。マルセイユはパリに次ぐ大都会、想像はしていたが、実際060208_201513 060208_223953 に行くとかなり大きな街で人も多く、かなりごちゃごちゃしている感じだ。久しぶりの都会でかなり疲れた。マルセイユといえば、漁港の町でもあり、港では朝とれた新鮮な魚を漁師がその場で売っている。おいしそうだが、これを買うかといわれれば?? 丘の上にあるノートルダムバジリカ聖堂からの眺めは絶景、街や海を見下ろせる景色はものすごい綺麗だった。港沿いのレストランで魚料理とロゼワインを飲んで天気もよかったのでくつろいだ。マルセイユは現代的な都市と昔ながらの素朴な一面も残しつつ、何か不思議な魅力を持つ街だった。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月11日 (土)

no147 エクスでの最高フレンチ

エクスとマルセイユに行ってきた。エクスでは知人と仕事の打ち合わせが終了した後、街を060208_031701 060208_042351 散策。エクスは前にも来たので、街のことはわかるようになった。おしゃれなお店やカフェ、
歴史的建物がたくさんあり、妻とともにとても気に入っている街だ。夜はこのあたりでも有名なミシュラン2星レストラン<clos do la viollette>に行った。前菜は鴨のフォアグラ、
衣にハーブが入った天ぷらとホタテ貝のポワレ、メインは初めて食べた小鳩のロースト(これが美味)、デザートはパイナップルのシャーベット。ワインは地元のcoteau d'aix provenceの赤。2人で246ユーロ。料金は高いが評判どおり、とてもうまい!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 7日 (火)

no146 F1のチケットゲット

今年のFIの日程は5/26~28だ。観戦チケットがモナコで売られ始めた。生で観戦できるチャンスはそうはない。安く、山の上から見ることもできるが、ここはやはり決勝を迫力ある観戦席で見たい。それも出来る限りスタートやゴールが近い席で。良い席は早く売れるので、早速買いに行った。モナコオートモービルクラブのチケット売り場、スタートに近い観戦席、1人約6万円なり。高いがこれは定価の値段。日本で買うともっと高い。高くてもどうしても見たいF1、今から楽しみだ。

明日から仕事関係含め知人に会いに、エクスに行く。マルセイユにも行く予定

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 5日 (日)

no145 イタリアで見つけたフェラーリグッズ

イタリアの小さな街<インペリア>に行く。街の雑誌屋に立ち寄ると、フェラーリ・コレクショ060204_212612 ンの景品付雑誌があり、良く見るとフェラーリのミニチュア模型がシリーズで買えるものだった。オールドーカーから現役カーまで、イタリアでしか買えない雑誌なので、すべては集められないが、迷わず買ってしまった。。
値段は4ユーロ! これはハマル。さすがイタリア、フェラーリ好きにはたまらない。イタリアでしか買えないができるだけ集めてコレクションにしよう。。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年2月 3日 (金)

no144 ニースのアジアン食材店

ニースの知人と一緒にアジアン食材店に行く。日本食にはあまり興味はないが、懐かしい食材がたくさんあった。お餅やおでん、納豆にお米、さすがニース、日本の食材が手に入る。中でも日本のビールが2ユーロ程度で手に入るのはとても魅力的。キリンの一番絞り、アサヒスーパードライ、ワンカップ大関など、充実した品ぞろい。忘れかけた日本の
味が少し懐かしくなった。たまらず、缶ビールとせんべいを買って、暖かかったので、店の外に出て、缶ビールをいっき飲み。やはりビールは日本のビールがうまい。。久しぶりの味に感激!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

海辺のホテル

久しぶりの晴天。日中は20度近くまで上がり暖かい。妻の体調も万全、ランチに行った。060131_225937
モナコからほど近く、気に入っている場所のボーリューにある海辺のホテル<メトロポール>のレストラン。天気がいいので海の色も青く、とても気持ち良い。料理も上品な盛り付けと味付けでちょうど良いボリーム、前菜の野菜盛り合わせ、メインの仔牛肉、デザート、ロゼワインと全部食べた。。このレストランは一度は来たかったので、美味しい料理に妻と2人で満足、満足。一人ワイン込みで55ユーロ。値段も満足!!

早くも2月になった。12月はじめに来て約2ヶ月経過。後1ヶ月で再度日本に戻る。月日が経つのは早い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »